歯の挺出

「歯の挺出」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯の挺出とは?

歯の挺出とは、歯の長軸に沿って歯が歯槽から抜け出る方向に移動することである。英語ではextrusion(エクストルージョン)という。歯の挺出では、歯根膜全体が牽引側となる。


歯の移動様式について

歯の移動様式には、「傾斜移動」「歯体移動」「挺出」「圧下」「回転」「トルク」などがある。

挺出は、歯が歯槽から抜け出る方向に移動する様式であるから、反対語は「圧下」である。

歯の圧下は、歯の挺出とは逆に、歯の長軸方向に押し込まれるように移動する様式のことである。英語ではintrusion(イントルージョン)という。歯の挺出では歯根膜全体が牽引側となるが、一方の歯の圧下の場合は歯根膜全体が圧迫側となる。

なお歯の挺出は、歯の圧下よりも起こりやすい移動様式であり、比較的弱い矯正力での移動が可能である(歯の圧下の場合は、歯根膜の斜走線維に勝つ力が必要となるため)。

歯の挺出と垂直的位置(長軸方向)の異常

歯の切縁・尖頭・咬頭頂が咬合線を越えて位置している状態を「高位」という。高位は歯の垂直的・長軸方向の異常の1つであり、英語ではSupracersionという。対合歯の喪失などの原因で歯が挺出すると、その歯が高位となる可能性が高くなる。

歯の挺出の原因

歯が挺出してしまう原因のひとつとして、対合歯の喪失がある。対合歯を喪失した歯は、歯が歯槽から抜け出る方向に移動する。したがって、抜歯や歯の喪失の際には補綴を行うなどの対応が必要である。

歯の挺出の注意点

歯が挺出することにより、歯の早期接触や咬合性外傷、コンタクトポイントのズレや食片圧入の原因に繋がることがあるため注意が必要である。

歯を挺出する治療

矯正治療やその他の歯科治療を目的として、治療の一環として矯正的挺出(エクストルージョン)を行うことも多い。例えば、う蝕による実質欠損が歯肉縁下まで達している場合は抜歯の適応となる場合が多いが、この歯に矯正的挺出(エクストルージョン)を行うことにより、健全歯質の獲得が可能になる。


「歯の挺出」の文献・書籍など

【読み】

はのていしゅつ

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

歯列・骨格の症例リスト

【L.O.T】
37感染根管処置を開始しようと思ったら縁下までCあったため、まずは挺出→隔壁→感染根管治療→レチク→形成印象と考えています。
大臼歯の挺出は初めてなんですが、これ、大丈夫でしょうか?
矯正力強くするためにエラスティックを2本にしたこと、固定源ワイヤーに溝を掘り矯正方向を規制しているとこが個人的に工夫したところです。
ちょくちょく技工士さんにお願いしてワイヤー曲げてもらって挺出をトライしたりしますが、ブラケット付けてやったことは未だありません。L.O.T関連でオススメな本があれば是非教えていただきたいです。

1Dでこの症例を見る

みなさんのこんにちは!
挺出歯について質問があります!
例えば下顎右側7番欠損で、他は智歯を除いて27本健全だったとします。
このパターンで、上顎右側7番がどんどん挺出してきてしまっている症例なんですが、みなさんならどう対応しますか?
インプラントは今回考えないこととしてくれると助かります。
延長ブリッジを作るか、パーシャルをいれるか(その場合はどんな設計にするか)、放置して様子を見るか……
あと素朴な疑問なんですが、挺出歯って対合関係ないとどんどん挺出してきますよね?ある程度挺出するとこまで挺出したら止まりますか?
お時間ある時にどなたかアドバイスよろしくお願いします!

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事