水平性歯根破折

「水平性歯根破折」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

水平性歯根破折とは?

水平性歯根破折とは、歯根に生じた破折のうち、破折線が水平もしくは斜めに走っている歯根破折のことである。深部で生じた水平性歯根破折は、浅部で生じた水平性歯根破折よりも予後が良好であることが多い。



骨縁下での水平性歯根破折

骨縁下で生じた水平性歯根破折は、整復および固定をして経過観察を行う。外傷による骨縁下の水平性歯根破折では、受傷直後は歯髄の生活反応が消失することがあるが、その後回復することもある。

骨縁上での水平性歯根破折

骨縁上で水平性歯根破折が生じている場合、破折線からの感染が骨縁下に生じた水平性歯根破折よりも生じやすいため、注意が必要である。感染が生じたら歯髄の保存は困難であるケースが多い。
骨縁上での水平性歯根破折の治療法では、根管治療後に歯の挺出を試みることもある。抜歯の適応となることも少なくない。




「水平性歯根破折」の文献・書籍など

【読み】

すいへいせいしこんはせつ

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

口腔外科の診査・診断の症例リスト

色々あったので幾つかケースをあげます。

全て保険のケースになりますが、ご了承ください。

70代男性 左上1水平破折の症例です。

右上1はインプラントです。 歯頚線が整わなくても良い。 保険で良い。とのことでしたが、できる限り綺麗にしようと思い、圧排 縁下にて形成 寒天アルジネードにて印象後 tec →前装冠をsetしました。



術前・印象の写真は撮ってません。

保険でもしっかりやる事で、ある程度綺麗に仕上がりますし、スキャロップも作れます。

形成の時間ですが、メタルコアset 形成 印象 tecまでで1時間くらいです。慣れれば、そんなに時間はかからないかなと実感しています。

1Dでこの症例を見る

少し前に担当した、40歳くらいの女性の患者さん。
Brによる右上6番の歯根破折症例でした。
Br撤去、16のEXT、4~6のオーバーデンチャー、という治療計画だったように記憶しています。
パノラマとデンタルしか手元に無く、すみません。

1Dでこの症例を見る

50歳の男性患者さんですが、下顎左側中切歯には症状が全くありませんでした。しかしデンタルエックス線画像を撮影すると骨折を認めました。診査した結果、患者さんは非常に強い歯ぎしりをしていることが明らかになりました😣

1Dでこの症例を見る