硬質レジンジャケット冠

「硬質レジンジャケット冠」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

硬質レジンジャケット冠とは?

硬質レジンジャケット冠とは、歯冠用の硬質レジンを用いた全部被覆冠のことである。金属の裏打ちがなく、審美性に優れている一方で、長期的な安定性には課題が残っている。

全部被覆冠とは?

硬質レジンジャケット冠は、全部被覆冠の一種である。全部被覆冠とは、歯冠全体を覆う種類のクラウンのことであり、構造的に堅固で、保持力が高く、支台装置としても優れているほか、歯冠全てを覆うため審美性も一般に高い。一方で歯質削除量が多いという点や侵襲性が高いという欠点・デメリットもある。

硬質レジンジャケット冠のメリット

硬質レジンジャケットクラウンは、審美性が高いことが特徴である。色調や歯冠形態の付与の自由度が高く、弾性もあり、口腔内で修理が可能といったメリットを有している。

硬質レジンジャケット冠のデメリット

しかし一方で、硬質レジンジャケット冠にはデメリットもある。吸水性や摩耗性、変色性、変質性があり、口腔内における長期的な安定性に欠けるというデメリットである。

こうした欠点・デメリットを補う形で、近年では高フィラー含有のハイブリッド型コンポジットレジンを用いたジャケットクラウンが開発されており、従来の硬質レジンジャケット冠の欠点を補うものと期待されている。

硬質レジンジャケット冠の適応症

硬質レジンジャケット冠の適応症としては、高い審美性の求められる部位に対する歯冠修復で、とりわけ単冠のケースで適応されることが多い。

具体的に言えば、硬質レジンジャケット冠の適応症としては、下記のようなケースがある。

  1. 隣接面から唇側(頬側)に達する広範囲のう蝕
  2. 変色歯
  3. エナメル質形成不全歯
  4. 形態異常歯
  5. 外傷による破折歯


「硬質レジンジャケット冠」の文献・書籍など

【読み】

こうかれじんじゃけっとかん

【文献・書籍】

『クラウンブリッジ補綴学 第4版6刷』, 會田雅啓ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

クラウン・ブリッジの症例リスト

外傷による前歯部歯冠破折をジルコニアクラウンで補綴した症例

歌手の患者さんです。自転車で転び顔面を強打し、他院を受診しましたが、治療期間が伸びると言われ当院に紹介されました。
2日後にライブが控えており、どうしても仮歯が必要という状況だったため、30分で3本抜髄し、3本テックを製作しました。いずれも歯肉縁下だったのですが、そこは電気メスでマージンを合わせました。
後日、嚙み合わせのチェックと根治・根充を終わらせ、HJKにてプロビジョナルクラウンを作成しました。
そのプロビを元に色調・形態を確認の上、ジルコニアクラウンをセットしました。

【この症例のポイント】
①当日にどこまでテックを作り込んで前歯部の不具合を解消させるか
②破折の時のマージン設定をテックで作り込むこと
③HJKをプロビとして作り込むからこそ、ジルコニアクラウンが効果的に作成できる

質問、コメントなどお待ちしています。

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事