歯周基本治療後の再評価

「歯周基本治療後の再評価」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

歯周基本治療後の再評価とは?

歯周基本治療後の再評価とは、歯周基本治療(イニシャルプレパレーション)後に、歯周基本治療の結果について評価する歯周治療の一過程である。
歯周基本治療後の再評価の結果によって、もう一度歯周基本治療を行ったり、歯周外科治療を行ったり、SPTやメインテナンスに移行するなどの判断を行う。
歯周基本治療後の再評価では、特にプラークコントロールや口腔清掃の状態を注意深く見る必要がある。歯周基本治療が終了した後でもプラークコントロールが十分でない場合は、再び歯周基本治療としてTBI・ブラッシング指導や動機づけ・モチベーションを行うべきである。


「歯周基本治療後の再評価」の文献・書籍など

【読み】

ししゅうきほんちりょうごのさいひょうか

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

歯周基本治療の症例リスト

以前いらした聴覚障がいのインド人ご夫婦。

限局型重度慢性歯周炎で、歯周治療を始める前に
『キスをしたら歯周病が移ると聞いたが本当か?』と聞かれたので、
あまり詳しい知識がないまま「夫婦間の水平感染は起こる」と伝えてしまいました。

再評価が終わり、病状が安定してきてる旨(前歯部もうひと越えだけど…)伝えると、

『良くなったからもうキスしていいか?』と。笑
歯周治療が終わるまで忠実に守っていた様子。

「思う存分好きなだけどうぞ!!」とお伝えしました。
それを聞いて喜んでいるご夫婦が微笑ましかったです。

あまり感染の知識がないのですが何か文献とか本とかご存知の方いらっしゃいませんか?
また、キスしていいかどうか聞かれた際、みなさんならどう答えますか?

1Dでこの症例を見る

「歯周基本治療」に関連する他の用語