壊死性潰瘍性口内炎

「壊死性潰瘍性口内炎」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

壊死性潰瘍性口内炎とは?

壊死性潰瘍性口内炎とは、歯肉・口腔粘膜が急激に壊死し、深い有痛性潰瘍を作る疾患である。

一般的に、壊死性潰瘍性歯肉炎が壊死性潰瘍性口内炎となることが多い。壊死性潰瘍性口内炎は、二次感染により歯肉に壊疽を起こした場合、壊疽性口内炎と呼ばれる。



壊死性潰瘍性口内炎の症状

壊死性潰瘍性口内炎の症状は以下である。
  • 全身症状
    • 倦怠感
    • 易疲労感
    • 発熱
  • 口腔内症状
    • 歯肉・粘膜の自発痛、強い接触痛、出血、灼熱感
    • 痛みのある潰瘍(病変部は偽膜で覆われ、周囲は発赤)
    • 強い口臭(痛みにより歯磨きが困難となるため)

壊死性潰瘍性口内炎の原因

壊死性潰瘍性口内炎の原因はストレスや免疫力低下による日和見感染である。
壊死性潰瘍性口内炎の主な原因菌は以下である。
  • Prevotella属
  • Fusobacterium属
  • Spirochaeta属

壊死性潰瘍性口内炎の検査所見

壊死性潰瘍性口内炎の病理検査では、上皮層〜粘膜固有層にかけて、深い組織欠損が見られる。また潰瘍の周りには、明らかな炎症性の細胞浸潤が見られる。

壊死性潰瘍性口内炎の治療方法

壊死性潰瘍性口内炎の治療方法は以下である。
  • 抗菌薬・鎮痛薬の投与
  • 含嗽・口腔清掃状態の改善
  • 急性症状が治まったら、壊死組織の除去を行う
※いくつもの細菌感染が見られるため、副腎皮質ステロイドの投与は避ける




「壊死性潰瘍性口内炎」の文献・書籍など

【読み】

えしせいかいようせいこうないえん

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語