フロワブルレジン

「フロワブルレジン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

フロワブルレジンとは?

フロワブルレジンとは、粘性を低下させ、シリンジから直接窩洞に流し込めるように、操作性を重視した新しいタイプのコンポジットレジンである。フロワブルレジンは低粘性コンポジットレジン、フロアブルコンポジットレジンともいう。




フロワブルレジンの粘性を低下させる方法

フロワブルレジンを粘性を低下させる方法には2つある。
マトリックスレジンに低粘性のレジンモノマーを用いて、 TEGDMAなどの低粘性の希釈用レジンの合有率を低下させることでマトリックスレジンの粘性を低下させるか、またはフィラー含有率を滅少させることで粘性を低下させている。

フロワブルレジンの適応

フロワブルレジンの適応症は以下である。
  • 窩洞の直接充填
  • 窩洞のアンダーカット部のブロックアウト
  • 窩洞に塗布したボンディング材の上に充填し、窩洞との適合性を図るために使う
  • レジンコーティング法
  • 象牙質知覚過敏症




「フロワブルレジン」の文献・書籍など

【読み】

ふろあぶるれじん

【文献・書籍】

『スタンダード歯科理工学一生体材料と歯科材料一 第5版』, 楳本貢三ら, 株式会社学建書院, 2013.
『新編 歯科理工学 第5版』, 小田豊ら, 株式会社学建書院, 2012.
『コア歯科理工学 第1版』, 小倉英夫ら, 医歯薬出版株式会社, 2008.
『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

レジン修復の症例リスト

【気を使ったポイント】
湿潤口腔内で色味を確認する。
モノクロ写真で明度を確認する。
歯頚部CRの時は圧排糸を入れる。
歯冠側にはベベルを付ける。
齲窩下底部はフローでライニングする。
デンティン色は基本4を使う。
咬合紙を擦りつけて表面性状を見る。
角度を変えて断面を見たり、エアーをかけることで段差を見つける。

1Dでこの症例を見る

【アンケートのお願い】
只今、お使いのコンポジットレジンシステムについての大規模アンケートを行っております。
ボンディング材、ペースト、フロアブル共に種類が多く、実際どこら辺の商品がよく使われているのかを調査しております。
複数種類の組み合わせで使用している歯科医も多く、メーカーを越えた組み合わせが行われている場合も多いと考え、そういった内容にまで踏み込んで調査をしております。

アンケートは殆どの先生は選択するだけで5分もあれば終わります。
対象者は歯科医師、または材料を管理していることが多い衛生士です。

是非ご協力よろしくお願い申し上げます。
結果は解析後ブログにて公表いたします。

アンケートサイトへのリンク
https://forms.gle/eioMNa8wtd4b9Y7g8

アンケートの概略、趣旨についてはブログをご覧ください。
https://spee.hatenablog.com/entry/compositeresin_2019

6/9までとなっております。

1Dでこの症例を見る