舌骨上筋群

「舌骨上筋群」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年08月02日

舌骨上筋群とは?

舌骨上筋群とは、舌骨に付着する筋のうち、舌骨の上部に付着するものである。舌骨上筋群には顎舌骨筋、顎二腹筋、茎突舌骨筋、オトガイ舌骨筋が含まれる。

舌骨上筋群の構造

他の骨との関節をもたず空中に浮いたような位置にある舌骨と下顎骨および側頭骨の間に存在する筋群である。

すなわち、舌骨下筋が弛緩し咀哨筋が緊張することによって下顎骨が閉口状態で固定されているとき、舌骨上筋が働くと舌骨および周囲の咽頭・喉頭を引き上げて嚥下運動を行う。

逆に、咀嚼筋が弛緩し舌骨下筋が緊張することによって舌骨の位置が固定されているとき、舌骨上筋が働くと下顎骨を引き下げて開口運動を行う。

舌骨上筋群を構成する筋

顎舌骨筋
顎舌骨筋は下顎体と舌骨の間に広がる板状の筋で口腔の床の部分(口腔底)を構成するため口腔隔膜(diaphragm)ともよばれ、本筋より上方が口腔内、下方が口腔外である。

顎ニ腹筋の上方で下顎体内面の顎舌骨筋線から起始し、前方2/3は左右の本筋が正中で合して顎舌骨筋縫線を形成し、後方1/3は舌骨体の下端に停止する。

咀嚼筋と同様に三叉神経(下顎神経の枝の顎舌骨筋神経)に支配される。本筋と口腔底粘膜との間は舌下隙(sublingual space)とよばれ、舌下動脈、舌下腺、顎下腺管など重要な構造物が存在し、炎症の波及路ともなる。 

また、本筋の動きが義歯の不安定の原因となることがあり、下顎義歯の舌側床縁設定に影響を及ぼす。 このように本筋は開ロ・嚥下運動、 義歯形態の決定、炎症の波及路などに深く関与し、臨床的に非常に重要である。

顎二腹筋
顎二腹筋は顎舌骨筋の浅層(下方)に位置し、中間腱を境に前腹と後腹に区別され、中間腱は腱膜で舌骨体と連結する。

短く太い前腹は下顎体前歯部の後面下端にある二腹筋窩から起始し、後外方に向かう。起始部付近を除き、細長い腱のようにみえる後腹は、側頭骨乳様突起の内側にある乳突切痕から起始し、前下方に向かい、それぞれ中間腱に移行する前腹は顎舌骨筋と同様に三叉神経に支配される。

後腹は併走する茎突舌骨筋と同様に顔面神経によって支配されることから由来の異なる2 つの筋がつながったものと考えられる。大きく開いたV字型の本筋と下顎下縁によって囲まれた部位を顎下三角(submandibular triangle)という。

茎突舌骨筋
茎突舌骨筋は側頭骨の茎状突起基部の後面から起始し、顎二腹筋後腹の上をほぼ平行に走行しながら前下方に向かい、停止腱が二分して顎二腹筋後腹を包むようにして舌骨大角に停止する細長い筋である。顎二腹筋後腹と同じく茎乳突孔を出た顔面神経に支配され、顔面筋と同じ第二鰓弓の由来と考えられる。

オトガイ舌骨筋
オトガイ舌骨筋は顎舌骨筋の上方にある円柱状の筋で、下顎体後面正中部のオトガイ棘から起始して後方に走行し、舌骨体前面に停止する。舌下神経のオトガイ舌骨筋枝(頸神経C12)に支配され、オトガイ舌筋と同様に体節由来の舌筋の仲間と考えられる。


「舌骨上筋群」の文献・書籍など

【読み】

ぜっこつじょうきんぐん

【文献・書籍】

『口腔解剖学 第2版3刷』, 脇田稔ら, 医歯薬出版株式会社, 2019
『グレイ解剖学 原著第2版』, Richard L.ら, エルゼビア・ジャパン株式会社, 2013

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。