殻状歯

「殻状歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

殻状歯とは?

殻状歯とは、エナメル質は正常であるが、象牙質に形成異常をきたすものである。



殻状歯の所見

殻状歯は、エックス線写真では歯根の認められないものが多い。
また、歯髄腔の著しい拡大で象牙質が非常に薄く、 したがって殻状歯はエナメル質と象牙質の薄い殻からできているようにみえる。
殻状歯は歯冠の色は正常であるが、のちに黒変する。

殻状歯の原因

殻状歯の原因は不明である。




「殻状歯」の文献・書籍など

【読み】

かくじょうし

【文献・書籍】

『最新 口腔外科学 第5版』, 榎本昭二ら, 医歯薬出版株式会社, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「アカデミック」に関連する他の用語