ラバーダム防湿

「ラバーダム防湿」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

ラバーダム防湿とは?

ラバーダム防湿とは、患歯を唾液の汚染から守る防湿法の一つである。



ラバーダム防湿の利点

ラバーダム防湿の利点として以下が挙げられる。
  • 患歯を唾液の汚染から守ることができる
  • 処置時の偶発的事故が防止できる
  • 術野を明視できる
  • 軟組織を保護できる

ラバーダム防湿の欠点

ラバーダム防湿の欠点として以下が挙げられる。
  • 歯軸の方向がわからなくなる
  • 歯の形状では応用できなくなる
  • 口呼吸が妨げられる
  • 嘔吐物が有った場合確認できないことがある
  • ラテックスアレルギー患者には使えないことがある

ラバーダム防湿に使うもの

ラバーダム防湿には以下の器具・器材が使われる。
  • ラバーダムパンチ(rubber dam punch)
  • ラバーダムクランプ(rubber dam clamp)
  • ラバーダムクランプフォーセップス(rubber dam clamp forceps)
  • ラバーダムフレーム(rubber dam frame)
  • ラバーシート(rubber sheet)
  • デンタルフロス(dental floss)

防湿法の種類

患歯を唾液による汚染から防護することを「防湿法」という。防湿法には前述の「ラバーダム防湿法」と、 ラバーダムシートを用いないでロールワッテ(巻綿花)などを用いる「簡易防湿法」がある。



「ラバーダム防湿」の文献・書籍など

【読み】

らばーだむぼうしつ

【文献・書籍】