コロネクトミー(歯冠切除術)

「コロネクトミー(歯冠切除術)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

コロネクトミー(歯冠切除術)とは?

コロネクトミー(歯冠切除術)とは、智歯の抜歯の際に歯冠部のみを切断除去し、歯根部を骨内に残存させる方法である。コロネクトミーにより下顎管の損傷、下歯槽神経損傷のリスクを軽減させる事ができる。コロネクトミーは日本国内では愛知学院大学歯学部附属病院がよく行っている。



コロネクトミーと、2回抜歯法との比較

コロネクトミーと比較される2回抜歯法は、一度目の手術で下顎管に近い歯の歯冠を切り、歯根膜で引っ張られて挺出してた歯根を二回目の手術で再度アプローチして抜歯する方法である。この時に歯根は下顎管から離れて安全に抜歯できる。半年で歯根は5mmは挺出し、2年間は挺出してくることが知られている。
コロネクトミーが2回抜歯法と違う点は歯冠を残すか残さないかだけではなく、2回抜歯法が20~30歳代に適応される抜歯の方法であるのに対し、コロネクトミーは年齢による制限がないことである。




「コロネクトミー(歯冠切除術)」の文献・書籍など

【読み】

ころねくとみー(しかんせつじょじゅつ)

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

抜歯の症例リスト

判断材料が少ないですが、この処置方針はどうなのでしょうか。
批判的に捉えているわけではなく、二次医療機関への紹介等他の選択肢も考えられると思うので経緯が気になるところです。

1Dでこの症例を見る