自動削合

「自動削合」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

自動削合とは?

自動削合とは人工歯削合法の1つである。自動削合では、かーボランダムグリセリン泥を使用する。自動削合はカーボランダムグリセリン泥を選択削合の終わった咬合面上および切縁上にのせ、咬合器を前後左右に偏心運動させて行う。

自動削合を行うと、選択削合で生じた微細な凹凸が研磨され、咀嚼時になめらかな滑走運動ができるようになる。なおこの場合にも、咬頭嵌合位での咬合接触が失われないよう注意する必要がある。

「自動削合」の文献・書籍など

【読み】

じどうさくごう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語