点接触

「点接触」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月21日

点接触とは?

点接触とは、咬頭嵌合位で上顎臼歯部・下顎臼歯部が点と点で接触している咬合の状態をいう。 点接触は面接触よりも上下顎臼歯部の咬合接触面積が小さいため、咬合圧を軽減でき、歯周組織に対する負担が少ないという利点がある。歯冠修復においては、点接触の咬合状態を実現することが理想とされる。


「点接触」の文献・書籍など

【読み】

てんせっしょく

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

咬合調整の症例リスト

院内技工をしてますが、セラミックインレーやハイブリッドインレーのセット、調整について普段の臨床でどのように行なっているかお伺いしたいです。
うちでは隆線がきちんと付与された点接触が求められているため、調整された技工物は全てラボで形態修正、研磨清掃してチェアーに戻ります。セラミックインレー等も同様なのですが、チッピング防止の為にセット後に口腔内調整するのが推奨されているようです。(実際、マージンがチッピングして戻ってくることもあります。)

口腔内で形態を付与するのは容易ではないと思うので、何かいい方法はないかなと悩んでおります。

1Dでこの症例を見る