シリコーンポイント

「シリコーンポイント」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月21日

シリコーンポイントとは?

シリコーンポイントには、カーボランダム(炭化ケイ素)やアルミナなどの砥粒をシリコーンゴムなどを結合材として成型したシリコーンポイント(粗研磨用)と、炭酸カルシウムなどの砥粒を使用したシリコーンポイント(つや出し用)がある。




シリコーンポイントの特徴

シリコーンポイントはゴム質の結合材が削り取られることによって、常に新しい砥粒が出現してくるため効率の良い研磨ができる。 
ほとんどすべての歯科材料の研磨に使用できるが、コンポジットレジンやアマルガムの研磨の際は摩擦熱の発生を防止するため、シリコーンポイントは注水下で使用する必要がある。





「シリコーンポイント」の文献・書籍など

【読み】

しりこーんぽいんと

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

この用語が出てくる記事