咬合平面分析板

「咬合平面分析板」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

咬合平面分析板とは?

咬合平面分析板とは、Monson (1920)の球面説に基づく下顎の切緑咬頭の位置付け、ならびに咬合彎曲の分析に使われる直径8インチの球面をもつ彎曲板のことである。

「咬合平面分析板」の文献・書籍など

【読み】

こうごうへいめんぶんせきばん

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。