改造Kファイル

「改造Kファイル」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月24日

改造Kファイルとは?

改造Kファイルとは、削片に埋もれ見つけにくい細い根管を探索するために先端を補足改造したKファイルのことである。改造Kファイルは先端のみ細くすることで、Kファイルの剛性を維持したまま根管の探索能力を高めることができる。




改造Kファイルの作り方・使い方

改造Kファイルは、#10の細いKファイルの先端を、低速回転のダイヤモンドディスクで斜めに切削して作成する。





「改造Kファイル」の文献・書籍など

【読み】

かいぞうけーふぁいる

【文献・書籍】

『新・楽しくわかるクリニカルエンドドントロジー』小林千尋, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

感染根管治療の症例リスト

質問があります。
現在勤務の医院は、コアの除去は点数がとれないので、
自費で請求し、根治時に、
リーマーが折れたり曲がったりすると、その分を材料費として自費で請求します。
1本300円です。
これは、保険請求上OKなのでしょうか?

1Dでこの症例を見る