類皮嚢胞・類表皮嚢胞

「類皮嚢胞・類表皮嚢胞」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

類皮嚢胞・類表皮嚢胞とは?

類皮嚢胞・類表皮嚢胞とは、軟組織に起こる非歯原性嚢胞である。類皮嚢胞・類表皮嚢胞で見られる嚢胞内には、皮膚のような組織や角化物が豊富に含まれている。類皮嚢胞・類表皮嚢胞は20代に起こることが多く、男女差はない。類表皮嚢胞は、類皮嚢胞より起こる頻度がおよそ2倍高い。類皮嚢胞・類表皮嚢胞はは舌下に起こることが最も多く、次いでオトガイ下に起こることが多い。
類皮嚢胞・類表皮嚢胞は軟組織の嚢胞のため、単純X線撮影では診断できないがCT撮影では境界明瞭な円形の低吸収像が見られる。類皮嚢胞・類表皮嚢胞は超音波エコーでは、境界明瞭で内部やや不均一な嚢胞の典型的な像を示す。



類皮嚢胞・類表皮嚢胞の症状

類皮嚢胞・類表皮嚢胞の主な症状は以下である。
  • 舌下、オトガイ下、正中頸部の腫脹
  • 痛みはない
  • 波動は触れない
  • 弾力のある腫瘤(ガマ腫に比べると少し硬い)
  • 腫瘤が大きくなると舌が挙上され、舌の運動障害が起こる

類皮嚢胞・類表皮嚢胞の原因

類皮嚢胞・類表皮嚢胞は、胎生期の第1・第2鰓弓上皮の遺残と混入が原因とされている。

類皮嚢胞・類表皮嚢胞の治療方法

類皮嚢胞・類表皮嚢胞の治療は摘出することで予後良好であることが多い。




「類皮嚢胞・類表皮嚢胞」の文献・書籍など

【読み】

るいひのうほう・るいひょうひのうほう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語