下顎最後退位

「下顎最後退位」とは?歯科用語を解説
2020年02月19日

下顎最後退位とは?

下顎最後退位とは、下顎後退位の中で最も後方に位置する顎位のことである。Posselt (1962)が用いた用語である。下顎最後退位は英語では、posterior border position of mandibleという。



下顎最後退位はどのように決定されるか

下顎最後退位は、関節包を構成する靱帯の緊張により決定される下顎のとりうる最後方位で、ゴシックアーチの頂点(アペックス)に一致することが知られている。



「下顎最後退位」の文献・書籍など

【読み】

かがくさいこうたいい

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.