ストレートワイヤーアプライアンス(SWA)

「ストレートワイヤーアプライアンス(SWA)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ストレートワイヤーアプライアンス(SWA)とは?

ストレートワイヤーアプライアンス(SWA)とは、歯種それぞれに対応したデザインのブラケット装置である。Andrewsが歯の解剖学的違いを補うために開発した。

スタンダードエッジワイズ法では、歯の解剖学的違いを補うためにワイヤーを何度も屈曲しなければならないが、ストレートワイヤーアプライアンス(SWA)ではブラケット自体に工夫が施されているため、ワイヤーを屈曲する必要がない。

ストレートワイヤーアプライアンス(SWA)は、現在でも臨床応用を繰り返しながら改良・工夫が加えられ、広く使用されている。

「ストレートワイヤーアプライアンス(SWA)」の文献・書籍など

【読み】

すとれーとわいやーあぷらいあんす

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語