歯槽頂間線法則

「歯槽頂間線法則」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯槽頂間線法則とは?

前頭面上において、相対する上下顎歯槽頂を上下方向に結んだ直線を、歯槽頂間線という。歯槽頂間線法則とは、両側性平衡咬合において、歯槽頂間線が下顎第一大臼歯の頰側咬頭内斜面の中央を通るように排列すれば咬合力の方向は歯槽頂上を通るようになり、片側性の平衡咬合が得られるという考え方のことである。

ただし、歯槽頂間線法則を無理に臼歯全体に当てはめようとすると、歯列弓が狭くなる。また舌の運動を阻害し審美性の問題も生じる。そのため、歯槽頂間線法則は第一大臼歯の排列のみに適用すべきである。その他の臼歯は前歯部からなめらかに移行し、歯列全体として調和が取れるよう上下顎顎堤の幅の範囲内で、片側性平衡咬合が保たれるようにする。

なお、下顎歯槽頂を特定することが困難な場合は、歯槽頂間線法則を適応することはできない。

「歯槽頂間線法則」の文献・書籍など

【読み】

しそうちょうかんせんほうそく

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語