差動矯正力(Differential force)

「差動矯正力(Differential force)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

差動矯正力とは?

差動矯正力とは、歯による最適な力の差を利用して、動かしたくない歯の移動を最小に・動かしたい歯の移動を有効に行う方法(概念)である。



第一小臼歯を抜歯し、犬歯を遠心移動させる場合の差動矯正力の例が以下である。
  • 矯正力が小さい場合
    • 歯根面積の小さい犬歯:遠心への移動速度が大きくなる
    • 歯根面積の大きい第二小臼歯などの後方歯:近心への移動速度が小さくなる
  • 矯正力が大きい場合
    • 歯根面積の小さい犬歯:遠心への移動速度が小さくなる
    • 歯根面積の大きい第二小臼歯などの後方歯:近心への移動速度が大きくなる

このように歯による矯正力の反応性の差を利用することで、動かしたい歯の移動を効率良く行うことができる。この概念が差動矯正力である。

「差動矯正力(Differential force)」の文献・書籍など

【読み】

さどうきょうせいりょく

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語