フレンジテクニック

「フレンジテクニック」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

フレンジテクニックとは?

フレンジテクニックとは、義歯の維持・安定を図るため、義歯床翼部(フレンジ)の形態を周囲筋の生理的な運動による形成印象し、人工歯列弓と義歯床研磨面の形態を決定する方法のことである。フレンジテクニックは英語ではflange techniqueという。フレンジテクニックは、1964年にLottとLevinにより提唱された義歯製作のための技法である。



フレンジ(床翼)とは?

フレンジ(床翼)とは、義歯床にある人工歯の歯頚部から床縁に至るまでの部分のことである。フレンジ(床翼)は英語ではdenture flangeと呼ばれている。




「フレンジテクニック」の文献・書籍など

【読み】

ふれんじてくにっく

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.
『補綴臨床に必要な顎口腔の基礎知識 第1版第3刷』, 藍稔, 株式会社学建書院, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。