カスプトゥリッジ(1歯対2歯咬合)

「カスプトゥリッジ(1歯対2歯咬合)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

カスプトゥリッジ(1歯対2歯咬合)とは?

カスプトゥリッジ(1歯対2歯咬合)とは、上顎では近心、下顎では遠心の辺縁隆線部それぞれ4ヶ所すべてに、相対する同名歯の機能咬頭が嵌合する1歯対2歯の咬合接触関係のことである。
天然歯列で見られる殆どの咬合接触関係は、カスプトゥリッジであるとされる。

「カスプトゥリッジ(1歯対2歯咬合)」の文献・書籍など

【読み】

かぷすとぅりっじ(いちしたいにしこうごう)

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。