ファイバーポスト

「ファイバーポスト」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

ファイバーポストとは?

ファイバーポストとは、支台築造に使われる既製ポストの一つで、直径約10μmの樹脂を束ねたファイバー製のポストである。コンポジットレジンと併用して支台築造される。直接法、間接法の2つの支台築造法がある。




ファイバーポストの利点

ファイバーポストの利点としては以下が挙げられる。
  • 弾性係数が象牙質に近似しているため、応力が集中しにくく、歯根破折が起きにくい
  • 審美性に優れる
  • 接着性に優れる
  • 再根管治療の際に撤去しやすい

ファイバーポストとコンポジットレジンを使った支台築造ができない症例

ファイバーポストとコンポジットレジンを使った支台築造は、窩縁が縁下に達した症例には適応できない。歯肉縁下のレジンが歯肉溝滲出液に侵されやすく、禁忌とされている。





「ファイバーポスト」の文献・書籍など

【読み】

ふぁいばーぽすと

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

クラウン・ブリッジの症例リスト

ファイバーポストのセメンテーションの手順および上顎中切歯の形態付与の症例です。

© 2019 Dentistry World

1Dでこの症例を見る

初めて投稿します。ガッツり生物学的幅径を侵してますが、ファイバーポストで処置しました。

1Dでこの症例を見る

ファイバーポストの撤去と再根管治療。

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事