歯冠破折

「歯冠破折」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯冠破折とは?

歯冠破折とは、歯冠が破折することである。不完全破折(実質欠損を伴わないエナメル質の亀裂)、エナメル質破折(実質欠損がエナメル質に限局している歯冠破折)、エナメル質・象牙質破折(実質欠損が象牙質に及んでいるが歯髄には達しておらず露髄を伴わない歯冠破折)、露髄を伴う歯冠破折に分けられる。



歯冠破折の治療法

歯冠破折の治療法としては、破折した鋭角部を調整したり、また露髄がある場合には抜髄が必要になる場合もある。




「歯冠破折」の文献・書籍など

【読み】

しかんはせつ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

Tooth Wearの症例リスト

30歳男性が前歯部の外傷を主訴に来院。根管治療 + 歯冠形態付与の海外症例です。

© 2019 Dentistry Science

1Dでこの症例を見る

歯冠破折(Cracks📉)の症例。
来院された患者さんを救いたかったのですが、患者さんには支払いするお金がありませんでした😢

1Dでこの症例を見る

1Dって動画上げれないんてますね🙄

メインテナンスで通院中の方が
仕事中に外傷で歯冠破折したとのことで
緊急おぺ🙄

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事