無舌症・小舌症

「無舌症・小舌症」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

無舌症・小舌症とは?

無舌症・小舌症とは、先天的に舌の形成がほとんどないことである。

無舌症・小舌症により口唇・頰筋・舌の力のバランスが崩れ、著しい歯列弓の狭窄と叢生が見られる。また無舌症・小舌症は著しい言語障害や嚥下障害を引き起こす。ただ、先天的な無舌症・小舌症は口底組織が舌の動きを一部担っている(代償している)こともある。



無舌症・小舌症の原因

無舌症・小舌症は先天的なものと後天的なもの(舌の悪性腫瘍摘出後など)がある。




「無舌症・小舌症」の文献・書籍など

【読み】

むぜつしょう・しょうぜつしょう

【文献・書籍】

・『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000
・『SIMPLE TEXT口腔外科の疾患と治療 第3版』, 栗田賢一ら, 株式会社永末書店, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語