咬筋触診法

「咬筋触診法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

咬筋触診法とは?

咬筋触診法とは、水平的な顎間関係の確認法の一つである。
咬筋触診法で水平的な顎間関係を求めることもできるが、客観性に欠ける反面、簡便であるため、ほかの方法で求めた下顎位の妥当性を確認するための補助手段として用いられる。
咬筋触診法は咬筋把握法ともいう。

咬筋触診法のメカニズム

閉口筋である咬筋に対し、 等尺性の間歇的な咬みしめを行わせ、顔面皮膚から咬筋を触診すると、咬みしめに同期した筋の緊張を触診することができるが、咬筋触診法においては、健常有歯顎者における咬頭嵌合位では咬みしめが効果的に行われ、咬筋が最大に機能収縮し一方、下顎前方位では筋の緊張が弱くなることを利用している。

咬筋触診法の方法

咬筋触診法は、実際には、第1指と第2あるいは第3指を用いて顎をはさむようにして両側同時に触診する。
左右側を同時に触れ、咬筋前緑部の収縮程度が左右等しく、緊張が最も強く触診できた位置を水平的な下顎位とする。




「咬筋触診法」の文献・書籍など

【読み】

こうきんしょくしんほう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。