エビデンスレベル

「エビデンスレベル」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

エビデンスレベルとは?

エビデンスレベルとは、研究の批判的吟味において重視される研究方法を類型化し、その研究方法がどれほどの信頼度があるのかを表した目安である。



エビデンスレベルの高い研究デザイン、低い研究デザイン

エビデンスレベルの高い研究デザインがあれば、エビデンスレベルの低い研究デザインがある。下記で示す研究デザインのうち、上にいくほどエビデンスレベルが高い(すなわち、研究の信頼性が高い)と考えられている。
  • システマティックレビュー・メタアナリシス
  • ランダム化比較試験(RCT)
  • 非ランダム化比較試験
  • コホート研究
  • 症例対照研究
  • 記述疫学(症例報告など)
  • 専門家個人の意見など



「エビデンスレベル」の文献・書籍など

【読み】

えびでんすれべる

【文献・書籍】