安静空隙

「安静空隙」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

安静空隙とは?

安静空隙とは、下顎安静位における上下顎の歯列間距離のことである。正常者においては、安静空隙は前歯部で2~3mmとされる。安静空隙は咬合高径決定の目安となる。

「安静空隙」の文献・書籍など

【読み】

あんせいくうげき

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。