咬合印象法

「咬合印象法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

咬合印象法とは?

咬合印象法とは、支台歯と対合歯およびその咬合関係を、咬頭嵌合位において同時に採得する印象法である。咬合印象法では、咬合印象用トレー(バイトトレー)やシリコーンラバー印象材のパテとインジェクションを用いて印象採得を行う。



咬合印象法の利点・目的・意義

咬合印象法の利点やメリット、目的、意義について解説を行う。臨床的に、模型上での咬頭嵌合位と口腔内での咬頭嵌合位には誤差がある。模型と口腔内の咬頭嵌合位に誤差があることによって、クラウンやブリッジなどの補綴物を口腔内で調整する際に手間がかかっていた。
しかし、咬合印象法では口腔内での咬頭嵌合位を正確に咬合器上で再現することができるため、補綴物の咬合調整の手間を大幅に削減することができる。

咬合印象法の適用・適応

咬合印象法は、1/3顎程度までの症例に適応である。また、咬合印象法は咬頭嵌合位が明確な症例に対してしか適応することはできない。なお、咬合印象法を用いた場合でも偏心咬合位における咬合調整は必要である。




「咬合印象法」の文献・書籍など

【読み】

こうごういんしょうほう

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。