顎関節前方脱臼

「顎関節前方脱臼」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

顎関節前方脱臼とは?

顎関節前方脱臼とは、下顎頭が関節結節を乗り越え、前方に逸脱した状態である。顎関節前方脱臼は多くが高齢者に起こるが、若年者でも見られる。顎関節前方脱臼はしばしば習慣化し、繰り返し発症する。



顎関節前方脱臼の分類

顎関節前方脱臼は大きく2つに分けられる。
  • 片側性顎関節前方脱臼
  • 両側性顎関節前方脱臼

顎関節前方脱臼の症状

顎関節前方脱臼の症状は以下である。
  • 片側性顎関節前方脱臼
    • 下顎正中の健側転位
    • 脱臼側の耳前あたりの陥没・隆起
    • 脱臼側の痛み
    • 開口不能
    • よだれ
    • 患側鼻唇溝消失
  • 両側性顎関節前方脱臼
    • オトガイ部の前方突出
    • 開咬
    • 開口不能
    • よだれ

顎関節前方脱臼の原因

顎関節前方脱臼の原因は以下である。
  • あくびや歯科治療など、過度・頻回の開口
  • 加齢による顎関節周囲靭帯組織の進展、脆弱化
  • 骨折など、下顎骨や側頭骨などの外傷

顎関節前方脱臼の検査所見

顎関節前方脱臼は、側斜位経頭蓋撮影法で下顎頭が関節結節前方に見られる。

顎関節前方脱臼の治療方法

顎関節前方脱臼の治療方法は以下である。顎関節前方脱臼は自力でもとに戻せる場合は「不完全脱臼」と言い、治療は行わない。
  • 非観血的治療法
    • 徒手的整復術:Hippocrates法、Borchers法
    • オトガイ帽や歯牙結紮による暫間固定:開口制限と再脱臼防止のため
  • 観血的治療法
    • 陳旧性・習慣性の場合に行う




「顎関節前方脱臼」の文献・書籍など

【読み】

がくかんせつぜんぽうだっきゅう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。