医療事故

「医療事故」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

医療事故とは?

医療事故とは、医療従事者の過失の有無に問わず、医療にかかわる場所で医療の全過程において発生する人身事故一切のことである。医療法によれば医療事故とは、「当該病院等に勤務する医療従事者が提供した医療に起因し、又は起因すると疑われる死亡又は死産であつて、当該管理者が当該死亡又は死産を予期しなかつたものとして厚生労働省令で定めるもの」と定義している(医療法第六条の10)。



医療事故の報告:医療事故調査・支援センター

医療法第六条の10では、医療機関で医療事故が発生した場合には、滞りなく医療事故調査・支援センターに報告しなければならないと規定している。



「医療事故」の文献・書籍など

【読み】

いりょうじこ

【文献・書籍】