逆根管充填

「逆根管充填」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

逆根管充填とは?

逆根管充填とは歯根端切除術に追加して行われる術式で、更に緊密な根尖部の封鎖を得るために逆根管充填窩洞を利用して逆根管充填を行う術式である。



逆根管充填の窩洞形成について

逆根管充填は近年では、超音波装置に装着した専用チップを用いる方法が考案されている。
これにより歯根長軸に垂直な切断面に、根管方向に追従した逆根管充填窩洞の形成が可能である。逆根管充填窩洞の深さは3mmとされている。

逆根管充填で使われる充填材

逆根管充填で使われる充填材は、以下のものが使われる。
  • MTAセメント
  • EBAセメント(強化型酸化亜鉛ユージノールセメント)
  • 接着性レジンセメント



「逆根管充填」の文献・書籍など

【読み】

ぎゃくこんかんじゅうてん

【文献・書籍】