クロスアーチブリッジ

「クロスアーチブリッジ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

クロスアーチブリッジとは?

クロスアーチブリッジとは、歯列のアーチを両側につないでいる広範囲な固定性ブリッジのことである。現在は、予後の心配な患歯を無理に支台歯にしなくても、予知性の高いインプラント治療を選択し、リスク軽減を図れるようになった。




クロスアーチブリッジの特徴

クロスアーチブリッジの特徴は以下である。
  • 残存歯の固定性が高まり、咬合性外傷を受けるリスクを軽減できる
  • 前歯と臼歯とでは歯軸方向が異なるため、正常な歯質を多量に切削する必要がある
  • 失活歯においては、生活歯と比較して歯根破折を生じるリスクが高い
  • 多数歯支台の固定性ブリッジを装着した場合、歯根破折・う蝕・歯周炎の悪化などによって、支台歯除去後の再治療時の患者負担が大きい





「クロスアーチブリッジ」の文献・書籍など

【読み】

くろすあーちぶりっじ

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。