エンベロープ

「エンベロープ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

エンベロープとは?

エンベロープとはウイルスの構造の一つである。エンベロープ宿主細胞由来のリン脂質二重膜とウイルス遺伝子によってなる。



エンベロープによるウイルスの細菌侵入

エンベロープがあるウイルスは細胞内に侵入する際に、動物の細胞膜とウイルスのエンベロープが癒合することでウイルスは細胞内に侵入する。
エンベロープはアルコールやエーテルなどの界面活性剤によって処理するとリン脂質二重膜が破壊され、感染性が失われる。これをエーテル感受性という。




「エンベロープ」の文献・書籍など

【読み】

えんべろーぷ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

アカデミックの症例リスト

DNA Virus→herpes Virus、b型肝炎ウイルス
RNA Virus→レトロ Virus(htlv1.hiv)、パラミクソウイルス(mumps Virus、麻疹 Virus)、ピコルナ Virus(ポリオ Virus、コクサッキー Virus、エンテロ Virus)
上記の Virusでエンベロープをもたないのはピコルナ Virusのみ!

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語