最大開口位

「最大開口位」とは?歯科用語を解説
2019年10月28日

最大開口位とは?

最大開口位とは、開口時において、上下顎の離開度が最大となる下顎位のことである。最大開口位は、主に顎関節部の解剖学的構造によって制約を受ける。最大開口位における上下顎中切歯間の距離を最大開口量という。

健常有歯顎者の最大開口量は、平均50mmほどである。顎関節や咀嚼筋に障害が生じると最大開口量は減少し、開口障害を呈する。

「最大開口位」の文献・書籍など

【読み】

さいだいかいこうい

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.