顎二腹筋

「顎二腹筋」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年08月02日

顎二腹筋とは?

顎二腹筋とは、顎舌骨筋の浅層(下方)に位置し、中間腱を境に前腹と後腹に区別され、中間腱は腱膜で舌骨体と連結する。

短く太い前腹は下顎体前歯部の後面下端にある二腹筋窩から起始し、後外方に向かう。起始部付近を除き、細長い腱のようにみえる後腹は、側頭骨乳様突起の内側にある乳突切痕から起始し、前下方に向かい、それぞれ中間腱に移行する前腹は顎舌骨筋と同様に三叉神経に支配され、後腹は併走する茎突舌骨筋と同様に顔面神経によって支配されることから由来の異なる2つの筋がつながったものと考えられる。

大きく開いたV 字型の本筋と下顎下縁によって囲まれた部位を顎下三角(submandibular triangle)という。

顎二腹筋の構造

顎二腹筋は前腹と後腹に分けられ、短く太い前腹は下顎体前歯部の後面下端にある二腹筋窩から起始し、後外方に向かう。

起始部付近を除き、細長い腱のようにみえる後腹は、側頭骨乳様突起の内側にある乳突切痕から起始し、前下方に向かい、それぞれ中間腱に移行する前腹は顎舌骨筋と同様に三叉神経に支配される。

後腹は併走する茎突舌骨筋と同様に顔面神経によって支配されることから由来の異なる2つの筋がつながったものと考えられる。

大きく開いたV 字型の本筋と下顎下縁によって囲まれた部位を顎下三角(submandibular triangle)という。

顎二腹筋の発生由来

顎二腹筋の発生由来はそれぞれ、前腹は第一鰓弓由来で三叉神経、後腹は第二鰓弓由来で顔面神経に支配される。

前頸筋について

顎二腹筋は前頸筋の一部に含まれる。

前頸筋は、舌骨上筋( 顎二腹筋 digastric、顎舌骨筋 mylohyoid, 茎突舌骨筋 stylohyoid、オトガイ舌骨筋 geniohyoid) と舌骨下筋(胸骨舌骨筋 sternohyoid、肩甲舌骨筋 omohyoid、胸骨甲状筋 sternothyroid, 甲状舌骨筋thyrohyoid) からなる。

cf.顎下三角、頸動脈三角、オトガイ下三角
  • 顎下三角(submandibular triangle):
    顎二腹筋の前腹と後腹ならびに下顎底に囲まれる三角で、顎下腺 submandibular gland と顎下リンパ節 submandibular nodes がある。下顎角近くで、顎下腺、ときにはリンパ節を触れる。
  • 頸動脈三角(carotid triangle):
    胸鎖乳突筋の前縁、顎二腹筋の後腹ならびに肩甲舌骨筋の上腹に囲まれる三角形で、中を上下に総頸動脈(common carotid artery)、内頸静脈(internal jugular vein)、迷走神経(vagus nerve)が走っている。総頸動脈はこの三角の中で、甲状軟骨(thyroid cartilage)の上縁の高さで、内頸動脈と外頸動脈とに分かれる。この三角で総頸動脈の拍動を触れる。
  • オトガイ下三角(submental triangle):
    左右の顎二腹筋の前腹ならびに舌骨体に囲まれる三角で、オトガイ下リンパ節(submental nodes)があり、口腔およびその周囲に炎症があると触れ、また痛みを感じることが多い。

顎二腹筋と下顎骨正中骨折

下顎骨正中部単独の骨折でば骨片の変位を認めないが、開閉口などの顎運動時に作用する顎二腹筋前腹、オトガイ舌骨筋、オトガイ舌筋の牽引力によって骨折部位の離開を認める(骨呼吸)。


「顎二腹筋」の文献・書籍など

【読み】

がくにふくきん

【文献・書籍】

『口腔解剖学 第2版3刷』, 脇田稔ら, 医歯薬出版株式会社, 2019

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。