頭部後傾法

「頭部後傾法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

頭部後傾法とは?

頭部後傾法とは、頭部を少し後方に傾斜させ、下顎の前方偏位を抑制しながら下顎を閉口させ水平的下顎位を決定する方法である。しかしこのよな現象は姿勢反射によるものであり、姿勢変化の程度と下顎の偏位量の関係は明らかになっていない。ゆえに頭部後傾法は、閉口運動に伴う下顎の前方偏位を抑制するのみであり、補助的な方法の1つである。

頭部後傾法はすでに垂直的顎間関係が決定した上下顎咬合床を、口腔内に装着した状態で行う。

「頭部後傾法」の文献・書籍など

【読み】

とうぶこうけいほう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語