分割印象

「分割印象」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月15日

分割印象とは?

分割印象とは、複数の部分から構成される印象のことである。口腔外で複数の印象体を組み合わせて、一塊の印象とする。
歴史的には石膏やモデリングコンパウンドの非弾性印象材では不可避な方法であったが、今日では特殊印象法の1つとされている。

分割印象で用いる印象用のトレーは分割トレーという。




分割印象の適応

分割印象は、単一での印象が不可能である場合、もしくは望ましくない場合に適応になる。
また、フラビーガムと正常な顎堤部と言った、粘膜の被圧変位量の異なる部分の印象圧を適切にコントロールすることを目的とする場合にも分割分割は用いることがある。

顎義歯と分割印象

顎義歯は印象体を一塊にすると口腔外に撤去することが難しいか、不可能なため、分割印象の適応になる。
この場合、印象体は口腔外で一塊になっても、義歯自体は分割になることが多い。





「分割印象」の文献・書籍など

【読み】

ぶんかついんしょう

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。