レジン添加型グラスアイオノマーセメント

「レジン添加型グラスアイオノマーセメント」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

レジン添加型グラスアイオノマーセメントとは?

レジン添加型グラスアイオノマーセメントとは、歯科用セメントの一つで、グラスアイオノマーセメントの優れた審美性生体親和性フッ化物徐放性を持つ上に、感水性機械的特性が改良されたセメントである。レジン添加型グラスアイオノマーセメントはインレーやアンレー、全部鋳造冠、ブリッジなどの金属修復物歯冠補綴物の合着高強度セラミックス修復物の合着に用いられる。





レジン添加型グラスアイオノマーセメントの組成

  • 粉液混和タイプ
レジン添加型グラスアイオノマーセメントの粉末部にはアルミノシリケートガラス(シリカとアルミナの混合物)が主成分となっており、レジン重合促進剤を含有する。レジン添加型グラスアイオノマーセメントの液にはポリカルボン酸HEMA(ヒドロキシエチルメタクリレート)、UDMA(ウレタンジメタクリレート)、機能性モノマー重合開始剤が添加されているものと、ポリカルボン酸にメタクリロキシ基を結合させたものがある。
  • ペースト/ペーストタイプ
レジン添加型グラスアイオノマーセメントのペースト/ペーストタイプにおいて、一方には水溶性モノマーとフィラーとしてフルオロアルミノシリケートガラスが含有されている。他方はポリカルボン酸、フィラーとしてシリカの粉末を含んでいる。

レジン添加型グラスアイオノマーセメントの特徴

レジン添加型グラスアイオノマーセメントの硬化時間は3〜7分である。従来型グラスアイオノマーセメントに比べて、圧縮強さは変わらないが、引っ張り強さは2倍になっている。またレジン添加型グラスアイオノマーセメントは、レジン成分があることでエナメル質、象牙質に対し、より優れた接着性をもつ。





「レジン添加型グラスアイオノマーセメント」の文献・書籍など

【読み】

れじんてんかがたぐらすあいおのまーせめんと

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。