肉芽腫性口内炎

「肉芽腫性口内炎」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

肉芽腫性口内炎とは?

肉芽腫性口内炎とは、口唇の持続性浮腫性腫脹である。肉芽腫性口内炎では、上唇の腫脹が顕著であることが多い。



肉芽腫性口内炎の症状

肉芽腫性口内炎の症状は、口唇の浮腫性腫脹である。Melkersson-Rosenthal症候群による肉芽腫性口内炎の場合、溝状舌や抹消性顔面神経麻痺なども見られる。

肉芽腫性口内炎とQuincke浮腫との見極め方

肉芽腫性口内炎は、Quincke浮腫のように自然消滅せず、持続することから見極めが可能となる。

肉芽腫性口内炎の原因

肉芽腫性口内炎の原因は不明。口腔内の病巣感染、アレルギー、遺伝、自立神経機能の異常などの関与が考えられている。肉芽腫性口内炎は、Melkersson-Rosenthal症候群に伴って見られることもある。

肉芽腫性口内炎の検査所見

肉芽腫性口内炎は、病理検査で乾酪壊死を伴わない類上皮細胞肉芽種を認める。

肉芽腫性口内炎の治療方法

肉芽腫性口内炎の治療方法は以下である。
  • 副腎皮質ステロイドの投与
  • 抗アレルギー薬の投与




「肉芽腫性口内炎」の文献・書籍など

【読み】

にくげしゅせいこうないえん

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語