フレンケル装置

「フレンケル装置」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

フレンケル装置とは?

フレンケル装置とは、上顎前突や下顎前突、開咬改善のための装置である。フレンケル装置は機能的矯正装置のうちの1つで、筋力を排除することで矯正力を発揮するものである。



フレンケル装置の構成

フレンケル装置の構成は以下より成る。
  • 複数のワイヤー
  • レジン床
    • バッカルシールド
    • リンガルシールド
    • ラビアルパッド

フレンケル装置の作用

フレンケル装置は、異常な頬筋圧・下唇圧を排除することで機能的な適応を図り作用を発揮する。

フレンケル装置の適応

フレンケル装置の適応は以下である。
  • FR Ⅰ:Angle Ⅰ級・Ⅱ級1類
  • FR Ⅱ:Angle Ⅱ級1類・2類
  • FR Ⅲ:Angle Ⅲ級
  • FR Ⅳ:開咬

フレンケル装置の使用方法

フレンケル装置は、バッカルシールドやラビアルパッドにより異常な頬筋圧・下唇圧を排除する。フレンケル装置の効果発現に伴って、適宜調整を行うことが必要である。

フレンケル装置の注意点

フレンケル装置の注意点は、バッカルシールドやラビアルパッドによって褥瘡が起こりうることである。またフレンケル装置の使用中、良好な適合状態にするためには数回の調整が必要であることを患者に理解してもらう。




「フレンケル装置」の文献・書籍など

【読み】

ふれんけるそうち

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「マルチブラケット」に関連する他の用語