Bednarアフタ

「Bednarアフタ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

Bednarアフタとは?

Bednarアフタとは新生児の口蓋粘膜に表在性,対称性に形成される外傷性潰瘍を言う。

Bednarアフタの原因

Bednarアフタは、哺乳瓶の硬い乳首や、口腔清掃時に使用したガーゼなどによる機械的刺激によってなる。

Bednarアフタの症状

乳幼児の口蓋や歯槽堤粘膜に、表在性で左右対称性にみられる外傷性の潰瘍である。有痛性で哺乳困難になることがある。哺乳瓶乳首の質的向上で近年ではみられない。

Bednarアフタの治療

Bednarアフタの治療は以下の通りである。
  • 原因刺激の除去
  • 副腎皮質ホルモン軟料の塗布


「Bednarアフタ」の文献・書籍など

【読み】

べどなーあふた

【文献・書籍】

『小児歯科学ベーシックテキスト 第5版』, 新谷誠康ら, 株式会社永末書店, 2016.
『小児歯科学 第4版』, 髙木裕三ら, 医歯薬出版株式会社, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。