歯科用語集

2022年04月25日

イリゲーション

「イリゲーション」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

イリゲーションとは?

イリゲーションとは、シリンジや超音波スケーラーを用いて、専用の薬剤を歯周ポケットに注入し、歯肉縁下に存在する歯周病原細菌の洗浄・歯周病原細菌のコントロールを行う歯周治療の方法のことです。
イリゲーションは、歯周基本治療の一環もしくはクラウン・ブリッジなどの補綴物を新製した際は、模型上の咬合と実際の口腔内の咬合との間で誤差が生じるため、チェアサイドでの咬合調整が必須となる。また、歯周初期治療において咬合調整とは、咬合調整によって早期接触を始めとした外傷性咬合を除去し、咬合性外傷を防ぐことを目的として行われる。">咬合調整などを行う定期的治療のことです。">SPT・メインテナンスの一環として行われます。イリゲーションに用いられるチップのことをイリゲーションチップといいます。イリゲーションの英語スペルはirrigationです。


イリゲーションに用いられる薬剤

歯周治療のイリゲーションに用いられる薬剤としては、下記のような薬剤が挙げられます。
  • グルコン酸クロルヘキシジン
  • ポビドンヨード
  • 乳酸エタクリジン
  • 塩化ベンゼトニウム




この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む