線維性異形成症

「線維性異形成症」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

線維性異形成症とは?

線維性異形成症とは、骨髄に線維や骨組織が増生する非腫瘍性病変である。線維性異形成症は10〜20代の女性に多く発症する。

線維性異形成症は、画像所見で境界不明瞭なび慢性の不透過像(すりガラス様)を認める。病理検査では、増殖した線維性結合組織の中に、不規則かつ幼若な線維骨の骨梁の形成を認める。また線維性異形成症は血液検査では、血中アルカリホスファターゼが高値となり、これは骨代謝の亢進を示している。





線維性異形成症の分類

線維性異形成症は、病変の部位や範囲により2つに分けられる。
  • 単骨性:顎骨、上下顎臼歯部(特に上顎)に多く見られる
  • 多骨性:顎骨だけでなく複数の骨に発症する
多骨性はMcCune-Albright症候群の一症状として見られることもある。この場合、皮膚の色素沈着(カフェオレ斑)や性的早熟も伴う。

線維性異形成症の症状

線維性異形成症の症状は以下である。
  • 顎骨の膨隆
  • 痛みはない
  • 膨隆は骨様硬を示す
  • 膨隆が大きくなると顔面非対称となる

線維性異形成症の原因

線維性異形成症の原因は、骨の間葉組織の発育異常または異栄養状態とされているが、詳細は不明である。

線維性異形成症の治療方法

線維性異形成症の治療方法は、膨隆部の削除・整形(骨減量術)が主である。線維性異形成症の手術は、原則として成長期終了後に行われるが、進行性の場合は成長期でも繰り返し削除・整形が行われる。



「線維性異形成症」の文献・書籍など

【読み】

せんいせいいけいせいしょう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語