ラバーダム

「ラバーダム」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

ラバーダムとは?

ラバーダムとは、ラバーシートをクランプを使い歯頚部にかぶせ、歯冠部だけをラバーシートの上に露出させ、術野を他の口腔内組織や湿気から隔離する方法である。ラバーダムは防湿法の一つである。



ラバーダムに使用する器具

ラバーダムには以下の器具を使用する。
  • ラバーダムパンチ 
  • ラバーダムクランプ 
  • ラバーダムフォーセップス
  • ラバーダムフレーム 
  • ラバーシート 
  • デンタルフロス

ラバーダムの利点

ラバーダムの利点は以下である。
  • 患歯を唾液から隔離できる
  • 頬粘膜や舌を排除し、保護できる
  • 術野を明示することができ、操作が容易になる

ラバーダムの欠点

ラバーダムの欠点は以下である。
  • 歯軸方向が不明瞭になる
  • 操作に時間を要する



「ラバーダム」の文献・書籍など

【読み】

らばーだむ

【文献・書籍】