セラミック矯正

「セラミック矯正」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

セラミック矯正とは?

セラミック矯正とは、セラミッククラウンを歯列不正の改善のために適用した治療法のことである。学術的な用語ではなく、2016年頃から「セラミック矯正」をうたう歯科医院が増えたことで認知されたと考えられる。歯軸を改善するために健全な歯を抜髄すること場合もあり、歯の寿命が短くなることを危険視する考えもある。


「セラミック矯正」の文献・書籍など

【読み】

せらみっくきょうせい

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

クラウン・ブリッジの症例リスト

今話題の【セラミック矯正】をやったと思われる40代女性がいらっしゃいました。

上顎前突が悩みで上顎前歯部すべて抜髄を行い、歯を口蓋側に入れて並べたそうです。

主訴は臼歯部のグラつきです。診ると前歯部は噛んでおらず、臼歯部は歯周病が進行。まだデンタル撮れていないのですが、前歯部は根尖病変があるように見えます。

前医の否定をするわけにもいかないため、こういった方がいらした場合どのように声掛けすればよいのかわかりません…。

みなさんならどうされていますか?

1Dでこの症例を見る

セラミック矯正、これはもはや医療ではないのでは?

セラミックによる審美改善はメリットも多いですが、「矯正」と名付けたのは、完全に患者さんの誤解を誘導していると思います。

若者に大人気の歯列矯正がアナタの歯をボロボロにする。歯科医はオススメしないセラミック矯正の闇 http://doclabo.jp/contents/878

1Dでこの症例を見る

ここに書くべきか迷いましたが、
若手歯科医師を誤誘導してしまう危険性を鑑み、
また、Faith Takuro先生の目に確実に留まることを考え、
こちらに素直に書かせていただきます。

「お客様の主訴をしっかりと明確化し、治療の目標を立てます。治療の目標から今の現状を捉えます。その目標と現状を埋めるべくどのような治療を選ぶかを考えます。」

この定義ですと、
1Dタイムライン上にあがっておりましたいわゆる「セラミック矯正」をも許容しかねないことになります。
まずTakuro先生はこの類の治療にどのようなご見解をお持ちでしょうか。

また、Takuro先生がタイムラインに挙げられていた症例のように、
単なる審美治療ではなく、「隣接分野」と言われる根管治療も行われていらっしゃると思います。
確かにあの症例の状況的には防湿困難、30分で処置というのも致し方ないかと思いますが、
「エビデンス」のある分野の治療を行う場合には、
それをどのように扱っていらっしゃいますか。

おそらくは僕と真逆の立ち位置から歯科を扱っていらっしゃるかと思いますが、
だからこそディスカッションすることに興味を持ちました。

よろしければご教示のほどよろしくお願いいたします。

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事