SRP

「SRP」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月23日

SRPとは?

SRPとは、歯周治療におけるスケーリング(scaling)とルートプレーニング(root planing)のことである。デンタルプラークやプラークリテンションファクターである歯石をスケーリングにより除去し、またスケーリングを行った歯根表面にルートプレーニングを行うことで健全なセメント質を露出させ、上皮性付着・結合組織性付着による歯周ポケットの閉鎖を期待することができる。


SRP(スケーリング・ルートプレーニング)に用いる器材

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)には、下記の器材が用いられる。

  • 手用スケーラー
  • 超音波スケーラー
  • エアスケーラー
  • レーザー

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)を行うタイミング

基本的に、スケーリング・ルートプレーニング(SRP)を行う時期・タイミングは、患者自身のブラッシングによって可及的に良好な状態まで歯肉の炎症が改善された状態が適切である。

歯周炎の場合、炎症が強く浮腫性の歯肉を有する状態ではスケーリング・ルートプレーニング(SRP)後に歯肉退縮が生じやすい。患者自身にブラッシングの技術・スキルが備わっており、スケーリング・ルートプレーニング(SRP)後の歯周組織形態の変化に対応できる状態でなければ、著しい歯肉退縮や歯肉退縮に伴う象牙質知覚過敏症を引き起こすリスクもある。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)の種類

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)には、下記の種類がある。

  • 歯肉縁上スケーリング
  • 歯肉縁下スケーリング・ルートプレーニング(歯肉縁下SRP)

歯肉縁上スケーリングは、シックルタイプスケーラーやキュレットタイプスケーラーを用いてプルストロークで行う。一方で歯肉縁下スケーリング・ルートプレーニング(歯肉縁下SRP)では、グレーシータイプキュレットを用いることが多い。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)の手順・順序・術式

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)は、下記で示す手順・順序・術式で行う。

  1. 口腔内洗浄と消毒
  2. 歯石の検査
  3. 歯肉縁上歯石の除去
  4. 歯肉縁下歯石の除去
  5. ルートプレーニング
  6. 歯石の取り残しを確認
  7. 歯冠および歯根面の研磨
  8. スケーリング部の洗浄、止血、消毒

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)の副作用

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)、特にルートプレーニングでは、歯根面から歯石や感染セメント質を除去し根面を滑沢化するという作用がある。さらに、歯周組織の炎症が軽減されることにより歯肉の退縮を生じるため、象牙質知覚過敏がしばしば副作用として発生することがある。

患者は「SRPを行ったら歯がしみるようになった」との訴えを起こすことも珍しくないため、患者に対する丁寧なコミュニケーションを意識しておくことが必要である。


「SRP」の文献・書籍など

【読み】

えすあーるぴー

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
『歯周治療プラクティスマニュアル』, 五味一博士, 永末書店, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

「歯周基本治療」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事