積層充填法(分割ポイント法)

「積層充填法(分割ポイント法)」とは?歯科用語を解説
2020年02月19日

積層充填法とは?

積層充填法とは、歯内治療における根管充填方法のひとつでガッタパーチャポイントを根尖側からポイント片を積層していく充填方法である。




積層充填法の術式

積層充填の術式において、まずシーラーを根管壁に塗布し、数ミリの長さに切ったガッタパーチャーを根管に挿入し、加熱したり溶媒を加えたりすることで軟化させる。そしてプラガーで圧接し、根尖側からポイント片を積層していく。
ただし、ガッタパーチャポイントを溶媒で軟化させると、溶媒の揮発し体積が収縮するため死腔ができ、充填が緊密ではなくなるので、近年では推奨されなくなっている。




「積層充填法(分割ポイント法)」の文献・書籍など

【読み】

せきそうじゅうてんほう(ぶんかつぽいんとほう)

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.