眼窩下点

「眼窩下点」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

眼窩下点とは?

眼窩下点とは、眼窩骨縁の最下点と定義される、眼点(orbitale ; 眼窩点)に相当する皮膚上の計測点である。

前方を直視させたときの瞳孔の直下で、眼窩下縁と交わる点を触診によって求める。
フェイスボウトランスファー時の前方基準点の1つとして用いられる。
眼窩下点と耳珠上縁を結んだ線はフランクフルト平面(FH平面と)呼ばれ、矯正のセファログラムでも使われる。

「眼窩下点」の文献・書籍など

【読み】

がんかかてん

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

義歯製作の症例リスト

古い補綴の教科書からの引用です。
歯医者に行っただけなのに、眼窩下点に入れ墨を彫られる患者さんに気持ちとは...?

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語