Er:YAGレーザー

「Er:YAGレーザー」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

Er:YAGレーザーとは?

Er:YAGレーザーとは、歯科用のレーザーの一つで硬組織の切削に使えるレーザーである。Er:YAGレーザーは「エルビウムヤグレーザー」と読む。
Er:YAGレーザーは歯科用レーザーの中で水への吸収が最も大きく、波長(1.064μm)は歯科用レーザーの中で二番目に長い。なお、一番波長が長いのは炭酸ガスレーザーである。



Er:YAGレーザーの特徴

Er:YAGレーザーの特徴は以下の通りである。
  • 硬組織を切削できる。
  • 歯石を除去できる。
  • 固体レーザーである。
  • 高出力ハードレーザーである。
  • 周囲の組織の急激な温度上昇を防止するため,注水下で照射し,かつエネルギーを間欠的に加えている(これをパルス波照射という) 
  • エアータービンの音が嫌いな患者に適している
  • 切削器具が歯面に接しないため不快感が少ない



「Er:YAGレーザー」の文献・書籍など

【読み】

えるびうむやぐれーざー

【文献・書籍】

『スタンダード歯科理工学一生体材料と歯科材料一 第5版』, 楳本貢三ら, 株式会社学建書院, 2013.